美容学校への進学を検討している中学生、またその保護者の方へ~在校生の声~

2021/09/10

本校には一人ひとりのライフスタイルやペースに合わせて美容師の資格取得を目指せるコースがあります。

希望者は、本校の通信制美容科一般コース(4月入学)と、併設校「武蔵野星城高等学校」の一般コースとのダブルスクールが可能です。

ダブルスクールで学ぶことにより、高卒資格と美容師国家試験の受験資格を得ることができます。

在校生の声

中学校を卒業し、本校の通信制美容科一般コース(4月入学)に入学した在校生の声をご紹介します!

この学校やコースを選んだ理由は何ですか?

中学校3年生になり、そのときの出欠席の状況などから、高校への進学についてはとても悩みました。
そんな中、幼い頃から興味のあった美容について学びたいという気持ちが強くなり、中卒でも通える美容学校を探し、専門学校東萌ビューティーカレッジのことを知りました。
無理なく通えるように、まずは美容師国家資格の取得を目指し、高卒認定は今後取得しようと思っています。

スクーリング(対面授業)時の雰囲気はどうですか?また、学校がないときにはどのように過ごしていますか?

先生が分かりやすく指導してくれ、分からなければすぐに教えてくれます。クラスメイトは10代から40代の方までいるのですが、休憩時間には一緒に話したりしています。1日授業があるときには、お弁当を自宅から持ってきて、お昼休みに教室で食べています。

自宅での通信教育や自主練習では、どうしても分からないところが出てくるので、そういったところはスクーリング時に教えてもらうようにしています。技術については動画を見たり、リビッツステーションというアプリを活用したりして、練習しています。勉強についてはルーズリーフに教わったことをまとめ直したり、学校からもらったプリントを解いたりしています。

美容サロンでのアルバイトを始め、まだ資格を持っていないので、お客様に雑誌を渡したり、受付をしたりしています。お店の方たちはとても親切で、何かミスをしてしまってもフォローするから大丈夫だよと声を掛けてくれます。

今、どんなことを頑張っていますか?

「ワインディング」という美容師国家試験の課題にもなっている技術を頑張って練習しています。バランスを見ながら綺麗な仕上がりにすることが難しいです。
また、美容サロンのアルバイトでは、接客についても頑張っています。サロンスタッフの接客方法をよく見たり、自分がされて嬉しい接客を心掛けています。

将来の夢は何ですか?

長く活躍できる美容師になりたいと思っています。また、接客が心地いい人、されて嬉しいことができる人になりたいです。さらに自分の技術で、その人本来の美しさを引き出せるようになれたらいいなと思っています。

入学してみて、自分自身の変化や成長は何かありますか?

教えてもらったことをすぐに練習するという繰り返しの中で、覚えることが早くなった気がします。また、身だしなみについても気をつかうようになり、スキンケアやヘアケアもしています。休日には、洋服、インテリアグッズ、本などを買いに行ったりしています。

同級生と接することが少なくなりましたが、学校でもアルバイトでも年上の方と接する機会が増え、今まで以上に話し方やいろいろ考えて行動するようにもなりました。

資料請求申込はコチラ オープンカレッジ参加申込はコチラ